白もふの棲む家

これは実話を元にしています  原題:The Takenoko Horror

日本スピッツクラブ春季展覧会 2018.5.13

うちの犬達の間では「荒っぽい」で有名なクソガキ。
まあ、この子がいたので犬達も小さな子供に慣れて何をされてもへっちゃら。
子供はそんなもんだと思って、下手に逆らわず従うことを学びました。

そんなクソガキも中学生。
今回はスピッツクラブの展覧会へ連れて行きました。
前日からLufa mam家へお泊りです。

犬達も仲良し(?)ですヽ(≧∀≦)ノ
20180516170839e66.jpg
あっ、うちのルネッサがしつこいんです、ヴェールはちゃんと拒否してるのにゴメンね~(。-人-。) ゴメンネ

私とmamは夜遅くまで恒例のお喋り……そして毎度のことながら寝不足。

お天気はどんより。
私達の顔色も寝不足でどんより。
一人緊張でお顔が強張ってるクソガキ。
ヘラっとして元気なのはルネッサだけ。
20180516170845440.jpg

さて、せっかくの単犬種展覧会です。
ちょうどスピッツのスタンダードを学ぶ機会がある私なので、ここぞとばかりに集まったスピッツ達を観察してました。

ショータイプ・ペットタイプ・訓練タイプと分けるところからですかね……経験の浅い私にはちょっとしかわかりませーん!!!
(お座敷犬として特化しているので訓練タイプはいません)
が!やはり好みのお顔や体型にメロメロして、ペットタイプLOVEになってしまいます。
ペットタイプのスピちゃんがほとんどですね。

先日教えてもらった毛だけチェックしてました。

1頭だけだと純白に見えるスピッツも、こんなに集まれば自分の犬の純白度合いがどの程度なのかわかるのがツラいところです。
全体的に黄ばみが目立ちました。
でも、悲しむことなく白さに磨きをかけましょう!
改善する方法はあります。
そして何故純白にならないのかを(斑が出たり)、この機会にスタンダードと共に正しいブリーディングにも興味を持って頂けると幸いです。

ちなみに毛量が多くバッサバサに生えてるから良いというわけでもありません。
全てはバランス、色、そして毛の質も重要になってきます。
結構うねうねしたウーリーな毛質の犬が多いです。
そう生まれついてしまったのは仕方ないしペットタイプのスピッツで全く問題ありませんが、シャンプーしてドライする時に伸ばしましょうね。

如何に綺麗に保つかがスピッツ飼いの使命だと思うんです。

うちのクソガキもLufa mam家のヴェールの比較審査時にハンドリングさせて貰いました。
20180516170918855.jpg

生まれた時から犬がいたので抵抗はないんですがショーリードの持ち方や歩き方は初めてで、戸惑い緊張しまくったようです。
事前に練習しましたが、ヴェールが気を使って合わせてくれました(犬に気を使われてるwww)。
20180516170852a6e.jpg

シャイな子なので、これで少しでも自信と努力の仕方を身に付けて欲しい。
もっとハンドリングをやっていきたいなら、次に迎える犬種とか考えなくちゃねー。

blogやTwitterやFacebookやInstagramで知り合った方達ともお会いできて嬉しかったです。
スピッツを飼い始めて1年くらいの方々のわんちゃんを見たんですが、少し前と比べると大きさ的に小さくなってきてました。
サイズが大きめでバラつきがかなりあったので、この傾向は良いことなんでしょうね。
規定サイズに小さくなるのは良いのですが、オスとメスの区別が付けずらいのは心配です。
ペットタイプが大半で好みに傾くとスタンダードから外れてしまい、そのままブリーディング……我が子が可愛いのはわかりますが、可愛いとブリーディングは分けないとスタンダードは保てません。

単犬種展覧会の本質を深く考えてしまった日でした。

次に迎える犬も2頭目として迎える犬も日本スピッツでありたいと思えるような、健康でスタンダードに則った純白の綺麗な日本スピッツが世の中に増えますように。
斑が出て悲しい気持ちになったので切に望みます。

にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


チェリック10歳のお誕生日

早いもので1月31日にチェリックが10歳になりました(*´∀`人 ♪オメデトー
20180205150753556.jpg

飼い主共々でぶった時期もあり、今は少しダイエットに成功してぽっちゃり体型に落ち着き、体調もそれなりに良いです。
危惧していた股関節や膝もテンションダウンが自ずと出来る犬なので(テンションダウンしすぎ)悪化はしていません。

新しいお家は居心地がとても良いので飼い主も犬達もそれほど外出しなくなりました。
遠出する時だって、「我が家より居心地が良くてキレイじゃないホテルなんて、わざわざ行きたくないしなー……でも温泉あるから他は目をつぶろう」とか言うほど。

ゆっくりとシニア生活を送るようになりました。


以前のようにチェリックに厳しくない私。
こんなことしても怒らないよー(#´∀`)
20180205150753850.jpg

いいんです、もう毎日楽しく生きてくれれば。
あと何年一緒にいられるんだろうか……急にそんなことばかり考えるようになりました。

ちぇりちぇり…お顔はイマイチ可愛くないんだけど、性格や年月を経た可愛さが内から滲み出してきて、こんなにこんなに可愛い私のわんちゃんです。
20180205150751c0a.jpg

介護する覚悟はできてるから長生きしてね。

にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

雷恐怖症への対応

チェリックの雷恐怖症が重症化してしまいました。
ガクブルでパニックを起こし、ハァハァとパンディングも酷く、涎ダラダラで失禁まで。
レメディを使ったり、雷シーズンじゃない時に雷の音に徐々に慣れさせる脱感作療法を行い逆条件づけもしたのですが……ダメでした(´・_・`)

怯えの反応を示すのが、どうやら音以外の静電気や気圧やオゾンの臭い等らしいです。

取り敢えず、次は「静電気」の対策。

静電気除去を普段からしてあげましょうと言うことで「アーシングマット」を購入。
201705292236001a6.jpg

接続コードをアースに接続し直接肌でマットに接触するだけで静電気除去ができます。
20170529223751062.jpg

栄太郎:「ちぇりちぇり、乗って~。」201705292243533f2.jpg
ちょっとマットが小さかったけど、足裏が接触してるからいいよね。

他にもラッピング効果のあるサンダーシャツや除電効果のある有機導電性繊維サンダーロンの腹巻も用意。
201705292300042b7.jpg
サンダーシャツはお洋服の締め付けが嫌いで動かなくなるし、パニック起こしてる時は抱きしめてもわけわからん状態で意味がないのでサンダーロン腹巻のみで。

そして雷やゲリラ豪雨などの時は涎ダラダラでグルグル歩き回り失禁しちゃうので隔離することにしました。
少し前に土間部分の犬スペースの分断はやっておいたので、リビング側はこのようにしました。
20170529225922c6f.jpg
防水で汚しても拭き取れるフロアカーペットを新調。

ルネッサが侵入しないように、モミの木で作ってもらったベンチで囲い、空いてる部分はサークルで囲みます。
20170529230323536.jpg
これでルネッサがサークルを動かせない!
チェリックはティッシュの箱を並べておくだけでも飛び越えるとか絶対しません。

いつ何時、雷や低気圧がくるかわからないので人間がいない時はこの【ちぇりちぇりルーム】でお留守番です。
201705292303309d4.jpg
エアコンはかなり低めに入れて、なるべく音や光を遮断したいので雨戸も閉めてます。

そして、このアーシングマットは雷の時はアースを外しておかないと危険なので普段はマットだけ敷いてます……微妙に役立ってない(´Д`υ)



効果はと言うと……涎とパンディングくらいになりました。
失禁まではいってないので、隔離してからトイレ以外でシッコすることがないから少しは効き目が出ているのでしょうか。


次は【ちぇりちぇりルーム】の中に隠れられる犬小屋…避難箱でも作ってあげようかと思います。
木製にして遮音シート張って、サンダーロンの布で巻けば、もう少し効果出るかなー。

出費が……(´д⊂)

にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村

日本スピッツクラブ春季展覧会 2017.5.14

ドッグショー前はLufa mam家へ前泊の私。
早く寝ればいいのに、夜中の3時まで犬たちの毛の新たな手入れをしてみたり、お喋りしてたりでアドレナリン大放出で起きてました。

眠い (-_ゞゴシゴシ 超絶眠い朝を迎えました。

ボーっとしてなんていられません!
車の中へ次々と荷物を運びます……犬たちを全頭運びます。
横浜のSOGOへ向かいます。

さて、今回はマリヴェール(ヴェール)のハンドリング担当の私。
DSC02352_xlarge.jpg
実はお母さん子なので同列上に並ぶとLufa mamの方ばかりに集中して私を見てくれません。
ここら辺は前々からLufa mamと相談して改善に努めています。
そのうち、しばらく栄太郎家に連れていっちゃおうかなー (゚ェ゚

歩様はちゃんとできてるかな~(;^ω^)
2017051919013657b.jpg
豆ちゃんのパパがお写真いっぱい撮ってくれました…見るまでドキドキ………╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
出だしの引きが強かったんですが、「はい、ヴェールっ!ヒール!」でヴェールの意識を私に集中させることができたので、そこからスムーズにアップダウンとラウンドができました。

笑鈴さんからも動画を撮ってもらって確認しましたが、何となく動きが硬い私 (゚ー゚;Aアセアセ
でも、左腕固定で手首でコントロールはできてるかな。
DSC01041_xlarge.jpg

しかし、私ったら……審査台に載せるのに躊躇してしまって…ここは要練習です。
DSC00990_xlarge.jpg

ヴェールのこの調子なら形を作ってそのままストンと台の上に載せられそうだもの。
DSC01012_xlarge.jpg

皆で記念撮影(≧∇ノ□ゝハイ、チーズ♪
DSC01746_xlarge.jpg

ルネッサも一緒に行きました。
毎日一人でシャドウ・トレーニングしてるのもアレなんで、ここ2週間くらい前からハンドリングに付き合って貰っていました。
ルネッサ

歩けるけど、首を上に向かせたいとか色々課題が出てきますねー。
DSC02243_xlarge.jpg


私にとっての単犬種展は、知ってる顔ぶれがいるせいかリラックスしてハンドリングができるのと、日本スピッツばかりなので多くの日本スピッツを見ることができるチャンスであり、日本スピッツを愛する仲間たちがこーやって写真や動画を撮ってくれるので勉強になります。

できたら、もう少し日本スピッツ独自のキレイに見せるハンドリングの仕方やオープンなお手入れの方法やセットアップの仕方を教示してくれると良いんだけどな~。
知りたいことがたくさんあるんですが、誰に聞けばいいのやら。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。