白もふの棲む家

これは実話を元にしています  原題:The Takenoko Horror

2016年03月の記事

3月31日は・・・

今日は栄太郎のお誕生日です!
朝から妹達が大きな声でハッピーバースデイを歌ってくれました。(((^_^;)

ボルタレンを使うほど今日は何だか痛いし、平日なので普通にお仕事です…そして月末なので超絶忙しいです。
お祝いムードなんてありません。
どーせ帰宅するのも遅いし。

犬達も心なしかシケた顔してます。
201603301203164bb.jpg

長期休養の前だし、月末だし、連日の部屋の片付けで(身辺整理中…戻れなかった時に見付かると恥ずかしい物は全て処分している)あまり寝ていない栄太郎。
もう手術前の体調管理とか理想的なヌルイこと言ってる暇もないです。

そんな状態で出勤。
朝から腐ってました……ふてくされお仕事。

でも、お誕生日なので机の上には、、、、、(((o(*゚▽゚*)o)))
20160328165442a6d.jpg

社長からの誕生日プレゼントでした!

20160328165449202.jpg
±0のアロマディフューザーです。
使っていたアロマディフューザーが古くなってきてたので「欲しい物ある?」って聞かれたので即行「アロマディフューザー!」と答えました。

我が社のお誕生日プレゼント制度です。
社長、ありがとうございます。


月末、頑張って仕事します!
(銀行待ち時間で書いてます)

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

手術後の介護

ルネッサは手術後1ヶ月のエリザベスカラーを付けたままの安静なので、必要な世話以外は何もしません。

基本的に放置です。
目を合わせることもしません、見ると言うことは「目でいじる」ことになります(Lufa mam談)。
心配だからと言って飼い主の視線がずっと愛犬に注がれていたら犬は休まるのでしょうか?


排泄の為の短時間お散歩は許されていますが、私はさせません。
一番リスクがあるし(衝撃や匂い取りによる雑菌の感染)。
室内排泄が出来て良かったと思う瞬間です。
シッコ・ポイントが外れてしまったとしても……(-_-;)トイレの内側から入り口の外側へシッコ引っかけるとか許せないけど。
ちゃんとトイレで排泄してるから怒れないけど……(-_-#)
もうっ、おバカさーーーーーーーーんっ!
(ここら辺は飼い主ちょとストレス)


ルネッサ自身もストレスを感じることは……多少はあると思います。
特にフリーでフラフラしてるチェリックに文句言ってます。

「チェリック、ズルいよ!何でぽっくんだけ!」

でも、すぐに諦めちゃうし、飼い主に似て「まっ、いっかー」でポケーっとしてます。


ご飯は、こーやってあげてます。

まずはドッグフードをミルサーで粉末にして、お湯を加えてお団子状にします。
このお団子状にするのが結構手間がかかります……一番小さなアイスクリームディッシャーや生クリーム絞り袋を利用して簡単に一口大の大きさにしたいのですが難しいんです。
何か良い案はないでしょうか?


ガツガツ食べてしまうとお皿に口をぶつけてしまうので、柔らかい手で食べさせます。
20160329013158a67.jpg

この後に、お水を飲ませ、オーラルスプレーをして口内を殺菌し、乳酸菌の粉末を口内に入れてやります。


今は安静第一なので、体を撫でてマッサージくらいのコミュニケーションと声かけくらいしかしていません。
日中はパパが居たり居なかったりでリビングには居ないし、私達も仕事でいないし、クソガキも塾や学校だし、構う人間がいないので、犬達は大人しくずっと寝てるようです。

ご飯時だけちょっとの手間で、あとは通常と変わりない生活を送っています。
飼い主的にも負担がなく、もっと大変だと思っていたので良かったです。

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

残った歯の本数は

ルネッサの歯科手術(日帰り手術)、無事に終わりました。
皆に心配され、心励まされるメッセージをたくさん頂きました、ありがとうございます。
20160326152919c56.jpg
エリカラ付けてても可愛いルネッサ♡


朝9時に病院へ預け、午前中に麻酔前の各種検査を行い、午後一から手術でした。
麻酔は点滴をつけてから抗生物質、鎮静剤を投与し、麻酔導入薬を投与し、ガス麻酔で麻酔を維持し、各種生体モニターをつけての麻酔管理なので安心でした。

術前の口腔内の写真を撮り、口腔内の詳しい検査を行い病状を診断。

抜歯などの痛みを伴う処置だったので、処置前に局所麻酔をし、処置の痛みに応じた鎮痛剤を投与しペインコントロールは完璧に行ったそうです。
ルネッサは重度の歯周病だったので、抜歯時に歯肉を切って歯を抜去し、神経と血管を避けながら不良な組織を除去し、顎の骨を削り、空洞になった部分に骨補填材を詰め込んで歯肉を寄せて溶ける糸で縫合しました。
残った歯の歯周ポケット内の歯石と歯垢の除去、歯根表面を滑らかにし、歯の表面の研磨をして終了。

かなりの出血があったそうです。
腹部の手術でもそこまで出血しないそうですが、20cc程失血したそうです。
痛みもかなり強い為、モルヒネも使いました。

処置後に麻酔を覚醒させ数分で覚醒したようです。

手術時間は3時間。
42本あった歯は、犬歯を含め13本残りました。

執刀した院長先生が、検査結果、診断、これら手術の処置説明と、投薬や食事等の今後の管理の仕方をルネッサの実際の口腔内画像と検査画像と立体像を使って図を書きながら1時間近くかけ説明してくれました。

モルヒネが効いているので明日の朝から消炎剤を服薬させます。
抗生物質は注射で14日間持続するので服薬はなし。
お水は帰宅してすぐに50ccづつ、翌日からは普通に与えます。
食事は帰宅してすぐ、すべて柔らかくしてお団子状に丸めて口の中へ手で入れて与えます。これは3週間は続けます。

そして一番重要なのが安静。

歯肉がくっつくまで2~3週間・顎に入れた骨補填材が固まるのが1ヶ月。
特に前歯の方の縫合が、かなり無理に歯肉を寄せて縫合してあるので切れやすく翌日以降に出血があったら縫い直しです。
前歯の方はかなり顎の骨を削ったので骨補填材が詰まってますが、固まるまでの1ヶ月間は少しの衝撃でも顎が骨折してしまいます。
口を衝撃から守る為の安静です。

排泄も室内で出来るし、散歩も行かないからといってストレスに感じる犬でもないし、口を使った遊びもしないので安静は楽勝だと思います。

残った歯のデンタルケアは3週間経ってから。
それまでは口を洗うのと(オーラルスプレーと水に薬液を入れる)、善玉菌を口の中に入れることです。


手術代は20万円ほどでした。
清算して帰宅。


モルヒネの影響か帰宅しても目が虚ろでウトウトしてました。
2016032614404999f.jpg

心配で夜中に何度も見に行ったのですが、チェリックが付いていたので安心して眠っていたようです。
201603261440412e9.jpg


何か異常があったら即診察へ行かねばなりませんが、次の診察は10日~14日後以内です。
その頃、栄太郎はいません。

夫も一緒に迎えに行って説明も受けたので……今後のことは夫に任せました。
心配だけど、次は自分の手術が待っています。

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

歯周病の手術

今朝、ルネッサを病院へ預けて来ました。

2016032500570319b.jpg
昨夜の様子


一緒に出勤するかと思ってニコニコしてたけど違うんだよ……歯…抜かれちゃうんだよ( ノД`)…



ルネッサは栄太郎のことが大好き過ぎて、ほぼ私しか見ていません。
真っ直ぐな瞳で私を見つめるルネッサ。
常軌を逸して見つめるストーキング・ルネッサ。
今朝も駅のエレベーターの鏡に映る私をカートの中から見つめていました(反対にしてもクルリと方向転換してまで見る)。
そんななので元気です。

動物病院に着いてもニコニコ。
ルネッサ:「先生、ぽっくんね~、あのね~。」とスリスリ、チュッチュと状況がわかってない不憫な犬。

獣医さん:「うんうん、可愛いね~。体重は6.8㎏。口の中にジェル付けられてる?」

栄太郎:「食後にジェル付けてます!」


これはきっと、口の中を触っても噛まないかの再確認だと思います。
歯茎を綿棒でこすって何かのチェック……問題なく触らせてました。

今までの躾って、こんな時に役立つんだなーと実感。
Lufa mamにも耳タコなくらい言われてましたが、【普通に元気な時】は多少困ったなーと言うことがあっても何やかんやで惰性で過ぎ去ってしまうけど、【病気になった時】はそーはいかないのです。

・難なく診察・検査させることができること

・飼い主がいなくともゲージの中でストレスを感じることなく安静にしていられること


最低限これができないと病気の治療ができません。
これらが完全にできるのがチェリックなのですが、ルネッサもできるように仕上げてきました。
手術後の安静も確保できます。


だから、無事に手術が終わりますように……。

20160325005656116.jpg

早くルネッサの笑顔が見たいです。

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

同じ痛み

右側の親知らず上下2本を抜いてきた栄太郎です。
あぅ………痛い。

親知らずは磨き残しで虫歯になってしまうので人間には…私には必要のない歯でした。
抜きっぱなしです。



チェリックが尿結石で血尿が出てる時に飼い主の栄太郎も血尿っ子でした。
今回もぽくおの抜歯の時に私も歯を4本抜きました。

偶然だし、全部が同じわけじゃない……でも、同じ時に少しでも同じような痛みを味わうことになって、私の罪悪感は少しだけ拭えます。
自己満足ですが。



私は暫くの間、片噛みすればいいのですが左側の歯茎が復活してないのでインプラントもブリッジもまだしてないので、ほぼ噛まずにゴックンごっくん飲み込んでます。
お腹は壊さないのですが、胃痛がやってきました。
胃潰瘍の薬を飲んでるので、まだ良い方なのですが追加して薬を出して貰い何とか凌いでいます。


犬の歯がない生活……どうしたら良いものか。
快適に楽しく過ごさせてあげたいので考えねばなりません。

20160324132829a9e.jpg

犬のおやつなんて硬い物しかないし…カステラとかで、いっかー。

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

わんわんスペースの分断

栄太郎家では人間には各々にお部屋があります。
しかし……犬達には1つしかありません。


ぽくおが今週末に手術なので術後の安静の為にも犬達を隔離することにしました。
どう分けようか悩みました。

一度のシッコ量が多く、しゃがみシッコのチェリックの方に従来の広い方のトイレを使用させる為に、このように区切りました。
20160323153216430.jpg
ぽくおを反対にすると、反対側からシッコをかける危険があるし。


チェリックはこっち。
201603231532432d4.jpg

ぽくおはこっち。
20160323153237d46.jpg

リビング側もこーやって区切りました。
201603231532292b7.jpg


あーあ、最初からL字型じゃなくてコの字型にすれば良かったなー。

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

挟まってる風にも見える

水中カエルのアリョーシャ(栄太郎だけが呼んでる名前)。
20160323135823ca6.jpg

体色が裸っぽいので寒々しいカエルです。


今日もふと見るとヒーターにくっついてました。
(パっと見、挟まってる風に思えるけど……)
20160323135014c83.jpg

水換えしてる時にお水じゃなくてお湯を入れて交換してるんですが、その時は元気良く泳いでます。
もう少しヒーターの温度を上げるべきなのかな。

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

でぶからの脱出

ずいぶん前から「でぶ、おいで~」と呼ぶとニコニコしながら「はーい!」とやって来るチェリックです。
2016032215393831a.jpg
ドスドスドス


でぶになって幾数年……【でぶ】も自分の名称の1つだと思い込んでしまったチェリック。

毎日お庭でサバイバル生活…外犬から完全室内犬になってからお肉が増量されていき、でぶに!
チェリックの大きさだと8㎏台が理想的なのですが10㎏あります!

正しくは10.6㎏ (2016.1月1日)。

4年くらい変わらずこの体重で、病院へ行って相談するも肥満に対するお叱りを受けるどころか「何やっても痩せない子もいるからね、避妊処置してるし……。血液検査も異常ないしぽっちゃりってことでOK」で済まされていました。
ちなみに引っ越し前から5件くらい動物病院行ってます。


ぽっちゃりって可愛らしい表現だけど、ただのでぶじゃん!


あのスタイリッシュだった頃のチェリックは再び戻ってくるのでしょうか?
2016032216274763b.jpg
丸刈りから毛を伸ばし、毛の量も豊富なので一回り以上も大きく見えるから余計にでぶに感じます。
一緒にいるぽくお(ルネッサ)が小ぶりなので、でぶが際立ちます。


あまり可愛らしい顔立ちの犬じゃないので、他のことで努力しないといけないんです。
ぽくおのように「存在するだけで全て許される」レベルの容姿じゃないので努力が必要なんです。

犬も人間と同じく「捨てられない愛される努力」が必要だと思い、私は小さな頃からチェリックには厳しく躾けや訓練を施してきました。

でも、中身だけじゃダメです……やはり出来うる限り容姿も…。

と、言う訳で環境も変わったし、フードも変えてみたりダイエットさせてました。



昨夜、体重を量ったところ9.6㎏ (2016.3月21日) 


これは、ひょっとすると9㎏切れるかもしれない!
でぶから脱出させられるかも!

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

手遅れシリーズ第2弾!

ぽくお(ルネッサ)に続いて【手遅れシリーズ】第2弾!

15年以上も前から子宮内膜症を患ってた栄太郎です。
今まで完治させるような治療をするつもりがなかったので、その時々によって手術したりホルモン剤を使ったりと色々としてきました。
結婚前まではギリギリ正常な状態で保っていたのですが、子供が欲しかったのでホルモン剤……使えませんよね。
で、徐々に再発していたようです。

本来、子宮内腔にだけあるべき子宮内膜組織が子宮筋層、卵巣の中や子宮近くの内臓でバラ撒かれ発育したり癒着してしまいました。
結果、子宮内膜症による子宮腺筋症、卵巣嚢腫、癒着による尿管の巻き込みで水腎症との病名。

子宮は腺筋症によって妊娠4ヶ月くらいの大きさになってしまったし、右の卵巣はかなり腫れているし、いつから右の尿管が巻き込んでるかわからない水腎症なので右の腎機能が永遠に失われているかもしれないし………きっと、臓器3個摘出となります。



書くと長くなるので端折りますが、今から1年くらい前から新居のことや会社のことで、決めていた手術もキャンセルするしかなく、引っ越しに伴い病院も変更せざるを得ませんでした。

そんなこんなしてるうちに(女性ホルモン抑制剤を使用していたので休薬期間の6ヶ月おいた頃)、新居への引っ越し翌日……全身浮腫で大きな病院へ紹介され、検査すると重度の貧血でそのまま内科へ入院。
輸血と鉄剤で治療しながら検査して、やっぱり婦人科系の病変による過多出血で貧血でした。


入院した病院の婦人科の受診は2ヶ月待ちの人気っぷり。
手術も4ヶ月待ちが普通。
婦人科なんて、評判の良い病院は何処もこんなもんです。

一応、悪性じゃなくて良性疾患なので死なないから痛みに我慢してればいいんです(陣痛並みの激痛で気絶なんてザラ)。
ボルタレンとか神レベルの鎮痛剤なので卵巣のチョコレート嚢腫が破裂しても何とか凌げます。
貧血が酷いなら鉄剤飲んでればいいんです。

今回の手術までの間、女性ホルモン抑制剤を4ヶ月使用して月経を止め病巣をなるべく小さくして、鉄剤ザラザラ飲んで造血し、手術に備えるって感じです。


もうこれ以上、激痛や薬の副作用で苦しみたくないんです。
体は鎮痛剤の多用でボロボロです。
ホルモン剤の副作用も決して軽い方ではなかったので辛くて仕方ないうえ、薬では完治しません。
精神的にも、副作用で鬱症状も出てくるし、いつでも何処でも多量の鎮痛剤を常備していないと不安で仕方なく痛みの恐怖に怯える毎日です。
痛みは私の心も体も蝕んでいきました。
死なない病気ですが、死にたくなるような痛さです。

鎮痛剤が効かない時もあって、痛みで吐くことも多く、鎮痛剤で胃壁は荒れて血を吐くことも下血もあり、激痛のあまり失神出来れば良い方でした。
月経中のことだけではなく、それが1ヶ月の半分以上は続きました。
他にも癒着による体内部の痛みもあって脂汗が出るほどです。

なので、子宮と悪い方の卵巣1個を摘出することに悩みはしましたが、この激痛の前には年齢的なものもあったので妊娠出産はスッパリ諦めがつきました(卵巣1個残すから更年期症状は出ないし)。

しかし!

腎臓を1個失うことに対しては心の準備も覚悟もないんです。


婦人科のMRI検査では下腹部のみの検査なので腎臓が今まで写ってませんでした。
一体いつから尿管を巻き込んでいたのか、いつから水腎症になっていたのか……。

前に手術した病院や受診した病院でのCT画像を取り寄せて中ですが、CT検査ってそんなにやった覚えがないのです。
それに異常があれば、その時に指摘されると思うし。


MRI検査も万能ではなく、尿管の巻き込み具合をチョロっとペロっと剥がせるのかそこまでわからないんだそうです。
ステントが入るのかもわからないし、剥がす時に尿管が切れちゃってーとか、腎機能が失われてるかもしれないし。

高熱が出て今より体が悪くなる可能性があるとか、腎ろうとか、一度の手術で終わらないとか……兎に角、お腹の中を実際に診てみないとわからないそうです。

一応、腹腔鏡で手術なんですが…この調子だと開腹手術ですね。



知らなかったんです。
まさか、腎臓も失うことがあるとは。
だって、普通に婦人科の病気で子宮内膜症のことを調べても「尿管巻き込んじゃうこともあって腎臓ダメになっちゃうかもよ?」なんて書いてなかったし。

よくあることじゃないそうですが、こーゆーこともあるので子宮内膜症と診断された方、生理痛が酷いけど病院へ行く勇気がない方……これから生きていくうえで大切な臓器…1個なくなっちゃうかもしれないので腎臓までちゃんと診て貰いましょう。
こんな例もあると知って頂ければ良いなーと思って書きました。


チェリック:「えこちゃーん!やっと私とお揃いになるね!」
201603201615277b1.jpg
*避妊処置済のチェリックです

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

わんわん達の歯周病

あまり病気のことは書きたくない栄太郎です。
自分の病気も犬の病気も。

でも、真っ先にネットで検索して調べることから始まる世の中になりました。
私自身、些細なことから重大なことまで、まずやるのは検索。

検索してから知るよりも、なるべく早く気付いて欲しいと思い書くことにしました。
なので、深刻なことが書いてあっても知識として受け止めて頂ければ幸いです。




私の最愛のぽくお(ルネッサ)が重度の歯周病で、ほぼ全抜歯と顎の骨を削る処置をすることになってしまいました。
まだ6歳なんです。

さて、何でここまで酷くしてしまったのか……飼い主の非情っぷりをあげていきます。


・メンドウだし犬に歯磨きなんて必要ない

・テキトーに骨とかアキレス腱とか与えておけば歯石が取れる

・1年に1回、近所の動物病院で全身麻酔かけてスケーリングすれば十分

・歯石なんて付いてても死なないよ

・犬なんて地面ペロペロ舐めてたってお腹壊さないし唾液に凄い殺菌力があるんだ


あれ?あんまり非情じゃない?
意識高い系の飼い主さんなら「ありえない!動物虐待!」とか言っちゃいますが、普通に飼ってる飼い主さんは上記のような私と同じような人……結構いると思います。

同じ犬種と言えど個体差があるので比べようもないことも事実ですが、歯磨きが習慣化されていない犬、特に小型犬は歯周病になってること確実。

どんなに歯磨きしてたって、人間のように歯の裏っ側や歯間まで磨けてますか?

動物病院も歯科に強い獣医さんじゃないと真逆な治療されます。

去年の11月に全身麻酔かけてスケーリング(歯石取り)して貰ったぽくお(ルネッサ)。
しかし、抜歯された歯は一本もなかったんです。
頑張れれば毎日歯磨きするも良し、今まで通りでいいですよと言われ、特にこれといって何かしなさいと言うような指導はありませんでした。

で、その日から栄太郎は犬達に毎日歯磨きをしてました。
歯磨き習慣なかったもんで、歯磨きの躾なんてしてません。もちろん嫌がります。
キャッキャしながら楽しい歯磨きなんて出来てませんが、嫌がっても爪切りと同じく「血が出ても死なないから!」と強引に歯の裏っ側まで電動歯ブラシで磨いてました。
ぽくお(ルネッサ)は、チェリックよりも歯磨きに関しては良い子で「シカシカするよ~」と言うと顔色が変わるほど強い拒絶を表すのですが、私には逆らえないことが叩き込まれているので諦めて歯磨きさせます。


頑張って磨いてるのに一向に治まらない口臭。
悪くなる肝臓の数値。
我が家に迎えた時からよく吐いてたんですが、それは異常では?と思うように。
そして、前よりも犬の口の中をじっくり観察するようになったのでグラつく歯があることに気付いたんです。


掛かりつけの獣医さんの所へ連れて行こうかと思ったんですが、不信感が芽生えやめました。
そして、家からはちょと遠いけど歯科に強い獣医さんの所へ予約を取って受診。

1回目は歯のチェックだけで治療はなし。

「この子に一番近い状態の写真」と言われ見せられた衝撃的な写真。

そして「他の獣医さんと180度違うことを言うかもしれませんが、もうすぐこの子の顎…骨折しますよ。上に乗ってる歯が大丈夫でも歯茎や歯根がダメになってるから。」

「毎日、歯磨きしてるようですがやめて下さいね。
この子はお母さんに対してどんだけ忠実で良い子なんですか!
もう口の中は触るだけで痛い状態なんですよ。
それなのに毎日、口を触らせて歯磨きさせてたなんて……口の中にジェルを含ませるだけでいいですから。」

と、ぽくお(ルネッサ)の私への忠実っぷりを聞いて泣いた私。

自分が今まで犬に課してきた「人間には絶対服従」と言う考えに疑問を抱きました。

「犬の歯周病の進行速度は3ヶ月づつ進んでいきます。
半年前なら、もっと多くの歯が残せたと思います。
家庭犬ですし、劣悪な環境で生活してたわけじゃないので口内の免疫力が弱いのかもしれません。
罹った歯周病菌の毒素が強いのかもしれません。

今更、原因追究しても仕方ないことです……早めに処置しないと顎が折れます。
どうしますか?手術しますか?予定いっぱい入ってるので、今日明日とか今週とかすぐには出来ません。
ちなみに、お金結構かかりますよ。
お家に帰ってから、よく考えて相談するなりして決断して連絡下さいね。」



最初はショックを受けましたが、現実的思考に切り替え。
早くしないと顎が折れてしまうし、痛いのが続くなんてカワイソウ!

問題は私自身が4月5日に手術を控えていていつ退院できるかわからないこと、ぽくおの術後の世話、金銭的なこと(MAXかかって30万ですって…もっとかかるかと思ったのでホっ)。

無理言って日付を早めて、3月25日に手術をすることになりました。

これなら術後1週間は私が世話できます。

大丈夫!
家族がいるから術後は全面的に協力をお願いするし、保険入ってるし、こんな日の為にお金貯めてあるから!

そして……もし、私が手術で帰らぬ人になってしまっても、犬達の生涯飼育費用は確保できてるので家族には最期までお世話をお願いするつもりです。



私のぽくお(ルネッサ)のようにならないように、愛犬の歯磨きは歯の裏っ側も歯間も歯茎と歯の堺も徹底してやって下さい。
そして、動物病院でも歯科と眼科は専門病院へ連れて行ってあげて下さい(←Lufa mam談)。


栄太郎も歯の治療中。
歯周病にはなってなかったのですが、親不知の虫歯と治療済みの被せてある歯がダメになってしまったので抜歯。
全部で4本抜きます(2本抜歯終了)。
親知らずは抜きっぱなしでいいし、1本だけインプラントかブリッジにするだけで済むけど……ぽくお(ルネッサ)は全抜歯。
ぽくお(ルネッサ)は6歳、人間の年齢にすると私と同じくらい。

手遅れになってしまったと嘆いていたら「今、気付いてあげられて治療も受けさせられるんだから良かったじゃない。」と言われました。

それでも申し訳ない気持ちでいっぱいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。