白もふの棲む家

これは実話を元にしています  原題:The Takenoko Horror

食べてないじゃん!

ぽっくんの飼い主の栄太郎さんは、よく罠を仕掛けます。

最初のうちは、何度も何度も引っ掛かって、こっぴどく叱られてた可哀想なぽっくんです。
ちなみに今もちょと隠れてます。
201605011813425e5.jpg


テーブルの端っこに食べ物が並べられてることは日常的だし(もちろん全部口の中へ入れるよ)、食べ物をポロポロこぼすので善意で拾って飲み込んでキレイにしてあげたり、テーブルじゃなくて床の上に食べ物の乗ったお皿が置いてあったからぽっくんのだと思ってペロリと平らげました。

口に入れる瞬間にパチーンとされてきたし、スリッパは飛んでくるし、胃袋に納めても指を突っ込まれ強制的に吐き出されてきました。


身に染みて栄太郎さんの恐ろしさを理解しています。
ぽっくんは栄太郎さんの許可なく無断で食べ物を口にしません。
道に落ちてる物はもちろん、お家の中に落ちてるステーキ肉だって見向きはするけど食べません。


今日は栄太郎さんがテレビを観ながらチョコミントアイスを食べてました。
何でこんなぽっくんの近くにアイス置くかなー。
20160501173634334.jpg

ぽ、ぽっくんのじゃ…ないよね?
20160501173643621.jpg


この後、「アイスに顔近い!」って怒られました。

食べてないじゃん!それなのに……プリプリ(*`皿´*)ノ
だから、ここに隠れてるんです。


にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト