白もふの棲む家

これは実話を元にしています  原題:The Takenoko Horror

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーする床材!?

ペットと住む家……特に犬と住む家では床材については一番気になるところです。

我らのお城の床材は基本モミの無垢材!


えー!?
犬飼ってるのに、それは無謀では!?
犬が滑らないの!?
犬の爪で傷付かないの!?
汚れないの!?
メンテナンスどうするのー!?
と心配になりますよね。

私も当初、それが心配で1階部分は半分タイルで!と言い張ってました。

モミの木ダントツ押しのサン勇建設のM月さんには「あり得ない!タイルなんてあり得ない!あんな冷たくて硬い物の上で生活するなんてあり得ない!」と大反対されました。

常務には「うちのダビちゃんはラブラドールレトリバーだけどモミの木の床で全然大丈夫よ!」と私の知りたい実際の犬との暮らしでの床の状態を教えてくれました。

我が家の犬達……股関節が悪いシッコぽたぽた犬(チェリック)・ゲロゲロ犬(ルネッサ)
こんななんで、足が滑ってチェリックなんて歩かない可能性大だし、汚しそうだし…。

そんな私がモミの木の床に踏み切ったのは、それだけモミの木が優れてたってことです。
M月さんが床にお醤油をダバーって、わざとこぼして拭き取った時に決心したんですがね。


無垢材……傷がつきやすかったり、収縮したりなど木の家独特の特徴はあり、それらに対する理解は必要です。

傷がつきやすいのは事実ですが、無垢材の浮造り加工の場合、その傷はそれほど目立つものではありません。

それに、ちょっとした傷なら、すぐに直すことができます。
傷ができたところにぬらしたタオルを重ねて、その上からアイロンであたためると、わからないくらいにまで修復可能とのこと。

もみの木の床材では、たいていの汚れは水拭きで落ちますので、以外に簡単です。
普段はほうきや掃除機の手入れとなります。
スチームクリーナーでも大丈夫とのことで、今までの掃除の仕方と変わりません。


ちなみに全く滑りません!
柾目で浮造りなのでツルツルしてないんです。



しかし、ここでどーしても譲れないと言ってタイルにした箇所があります。

わんわんスペースと1階トイレ。

だって、1階トイレは男性が使うし……漂白剤で洗い流したいんですもの。
わんわんスペースも然り。
にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。